浄土宗東京教区青年会行事報告

浄土宗東京教区青年会行事報告のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.6.21 関ブロ浄青総会・研修会 @宇都宮 東武ホテルグランデ

6月21日(水)宇都宮東武ホテルグランデにおいて第44回関東ブロック浄土宗青年会総会並びに研修会が行われました。東京浄青からは28名が参加しました。

総会におきましては、滞りなく28年度活動報告と収支決算報告がなされ、29年度活動計画・収支予算書が承認されました。

研修会では、丸山隆先生、杉本哲也先生、樋口法生先生の3名の先生方からお話を賜りました。

研修①、丸山先生には「悩める人々(衆生)に寄り添う―カウンセリングの視点から―」をテーマに、軽妙な語り口でご講義いただきました。人に対しての思いや、その思いの受け取り方は、視覚情報や言動によって変化します。長年にわたるカウンセリングのご経験を礎に、人に寄り添う為には聞き手の顔の表情や態度を受け止め、相手の目に訴えられる話をすること、そして自らも相手に共感することが大切なことだと教えていただきました。

研修②、杉本先生には「信頼関係を構築する伝え方と相手を理解する方法」をテーマに、議員秘書というご経験から齎される論理的視点から、話者と聴者が価値観や情報を共有することで構築される信頼関係についてお伝えいただきました。また、寺院は社会にとってどのような役割を果たすべきか、無縁社会と言われている昨今、どのように私達が浄土の御仏縁をお伝えするかについてご提示を賜りました。

研修③、樋口先生には東日本大震災の経験から宗侶として何ができるのかということをお話しいただきました。特に、アンケートを通じた数々のデータを基に、通夜、葬儀、法事等で法話をされる方が半分しかいない現状を改善すべきと強く訴えておられました。

今回の研修会に共通した骨子は、まず自分が相手の話を聴いた上で僧侶として法を説くということです。あなたの仕事は何ですか?どんな仕事ですか?と聞かれたときに自信をもって答えられるようにこれからも研鑽をしていきたいと思いました。

会計 中野
H29関ブロ研修会
スポンサーサイト

2017.6.13 東京浄青チャリティーフットサル大会 @フットサル台場

6月13日(火)、フットサル台場にて、チャリティーフットサル大会が行われました。

当日は、雨が降っておりました。
そこで、ボーリングを行う6名と、それでもフットサルを行いたい16名に別れまして、それぞれ楽しくプレーいたしました。

そして、プレー後には、隣の大江戸温泉にて汗を流し、また懇親会を行い、皆で親睦をさらに深めてまいりました。

なお、今回お預かりした義援金、参加費の余剰金は全て、東京浄青の『災害救援募金』へ入金させていただきました。
沢山の会員様に参加、ご協力いただきありがとうございました。

会計 中山
フットサルブログ用

2017.6.3 写佛会 @大本山増上寺慈雲閣

6月3日(土)大本山増上寺慈雲閣に於いて、本年で第47回目となる東京浄青写佛会が行われました。

法要前には、東京教区城西組專念寺ご住職・布村伸哉上人よりご法話頂きました。天候にも恵まれ一般参加者43名の多数ご参加、青年会員36名のご出仕を賜り、各々が思いを胸に筆をとりご奉納させて頂きました。

北部組浄青会員の皆様、ご準備・運営共に有難うございました。

事務局 羽田
H29写佛会ブログ用

2017.5.25 ユニセフ・JVC説明会 @大本山増上寺

5月25日(木)に日本ユニセフ協会、JVC(日本国際ボランティアセンター)説明会を行いました。例年とは異なり、今年は増上寺に二団体の担当の方にお越しいただき、『いのちの募金』の寄付先となっている国の現状と支援活動についてお話を伺いました。

JVCの山崎氏からはカンボジアでの取り組みについて説明をしていただきました。経済発展がすすむカンボジアでは、都市と農村の経済力の格差が拡大しており、その結果、農村では無許可に森林が農地として乱開発され、環境破壊が引き起こされ、様々な問題が生じています。それに対してJVCは、有限の資源を奪い合うのではなく、分かち合うようにするために、森の大切さを伝え、森林を保護・再生しているそうです。具体的には、環境教育や現地の方々が自給自足ができるように技術支援を行っているとのご報告でした。

日本ユニセフ協会の中野氏からは、まず母体となっているユニセフの活動の説明からはじまり、その後に『いのちの募金』の寄付先であるブータンについての説明をしていただきました。
ブータンでのユニセフの主な活動として、子どもが暮らす僧院・尼僧院の衛生面の改善が挙げられます。僧院・尼僧院に清潔な水と衛生設備を整え、僧院、尼僧院の教員に対しては子どもたちに衛生習慣の指導ができるように講習を開催するといった活動を行っているとの事でした。今も衛生環境に起因する皮膚病などが多発するブータンでは、こうした支援は生活の質を向上させるために必要不可欠であるようです。

毎年、教区内各御寺院にご協力いただいている『いのちの募金』が、しっかりと寄付先において活用され、現地の方々の生活に役立っていることが、よく理解できた説明会でした。今後ともご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

救援 中村
H29ユニセフ説明会ブログ用

2017.5.23 関ブロ浄青別時念仏会

平成29年5月23日(火)14時より真夏の様な晴天の中大本山増上寺において関東ブロック浄土宗青年会主催の別時念仏会が行われました。総勢93名(東京24名)の会員の熱気あふれるお念仏の声が増上寺大殿に響き渡りました。

事務局 山崎
関ブロ別時
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。